ソロプレイヤー向け!1人でじっくり遊べるオススメゲーム

FPS

今回は一人でじっくりと遊べるやりこみゲームをご紹介いたします。
どのゲームもじっくりとやりこみ要素があるゲームなのでぜひぜひ1週だけではなく周回プレイを楽しんでみてください!
またSteamではアチーブメントというPS4でいうところのトロフィーのようなやりこみ要素もあるのでそれのコンプリートを目指すのも楽しいです。
それではゲームの紹介に移ります。

クラッシュバンディクー ブッとび3段もり

PSシリーズで発売されていたクラッシュバンディクーシリーズのリマスターバージョンです。
宇宙発奥行きがあるゲームで知られているクラッシュバンディクーが現代の画質になって帰ってきたものです。
しかもなんとPSで発売されていた
・クラッシュバンディクー
・クラッシュバンディクー2ネオコルテックスの野望
・クラッシュバンディクー3ぶっとび世界一周
の3部作全て入っていてやりこみがいがあるボリュームになっています。
クラッシュバンディクーシリーズがそもそもやりこみ要素として
パワーストーンの収集やダイヤの収集、タイムアタック等沢山楽しめるようになっております。
今まで触ったことがない人でも昔触ったことがある人でも必ず楽しめる作品です。

Dishonored

このゲームは女王の暗殺の冤罪をかけられてしまった主人公になり
暗殺事件にかかわった人たちを倒していくゲームとなります。
このゲームでは2種類の倒すルートが基本設定されており
対象の汚職などを暴く社会的殺害か
実質的殺害のどちらかを選んでゲームを進めていく形になります。
もちろんマルチエンディング対応ですのでどのようにゲームを進めていったかによって
主人公が救われるのか、もしくは社会の闇となって消えていくのかというストーリーの面白さがオススメのポイントです。
また主人公は特殊能力を使用できるのでその特殊能力を使用したステルスアクションも
ド派手な戦闘もどちらでも楽しめる作品です。
しかもなんとこのゲームは続編Dishonored2もでているので気にったらそのまま続きも遊べる、長く遊べるという点でもオススメポイントです!

NieR:Automata™

このゲームはさまざまな賞を受賞しており世界的に大変有名な作品となっております。
作品自体はニーアゲシュタルト/レプリカントの後続作品なのですがこのゲーム単体でももちろん楽しむことができます。
このゲームのなによりのオススメポイントは周回要素です。
最近のゲームでは当たり前になってきた周回要素ですがこのゲームでは周回プレイをするのが前提のような作品になっており2週目、3週目ではさらに深くシナリオを楽しむことができます。
ゲーム内の映像も当時最新のグラフィックスだったこともありとても綺麗で
ゲームに没頭できます。
また、ゲーム内の雰囲気も独特ながらとても引き込まれる作品となっており
じっくりと遊ぶのには最適なオススメゲームです。

Undertale

このゲームは地底に落ちてしまったニンゲンを操作して進めていくゲームです。
ゲームの何よりの特徴としてゲーム内でエンカウントした敵を倒しても、倒さなくてもいい自由度の高いゲームです。
またなによりもこのゲームで評価されている部分はストーリーの部分で登場するキャラクター全員がとても特徴的で面白い作品となっております。
ゲーム性の部分でも敵の攻撃をよける際は見下し型シューティングゲームとなっており
アクション制が欲しいあなたにもオススメです。

VA-11 Hall-A: Cyberpunk Bartender Action(通称:ヴァルハラ)

こちら今まで紹介したゲーム4つがとても重量級だったので
ひとりでじっくりとまったりと楽しめる文学作品としてオススメいたします。
このゲームのコンセプトデザインとして
・サイバーパンクディストピア、[グリッチシティ]での日常を知る
そしてあなたはバーテンダーとなって来店したお客様にドリンクを提供します。
そのドリンク次第でストーリーは分岐していき話は進んでいきます。
このサイバーパンクな雰囲気とお酒が大好きな方にはとってもオススメのゲームです。
じっくりとゆっくりと楽しめるそんな作品です。

Getting Over it

壺に入ったおじさんを操り登山するゲームです。
おじさんがなぜ壺に入っているのか、なぜハンマーで動けるのか等深いことは考えずにひたすら動かすゲームとなります。
操作はとてもシンプルですが難しく、少し先に進んだと思ったら振り出しに戻ってしまうことも多々あります。
ただ、時間を一人でつぶすのには最適ですのでオススメです。

Papers, Please

こちらのゲームは入国審査官として働いて行くゲームになります。
入国の審査は書類に不備がないかの確認をする間違い探しです。
最初の方では確認するものが少ないのですが後半につれてどんどん難易度が上がっていくのが特徴です。
日々の審査の際に様々な人と会うことになるのですが選択次第でエンディングが分岐するので何度も繰り返し遊べるスルメゲーです。

魔界戦記ディスガイアシリーズ

史上最凶のやりこみSRPGと開発が自ら言うだけあってやりこみ度合いは無限大です。
普通にクリアをするだけであれば数十時間あれば大丈夫だと思いますが
このゲームの本番は2週目からの無限にも感じられるレベル上げです。
アチーブメントのコンプリートを目指したりするのであれば数百時間かかること間違いなしです。
またイラストもとても可愛くて長時間のプレイも苦にはならないです。

Sekiro™: Shadows Die Twice

こちらのゲームは高難易度ゲームで知られるフロムソフトウェアが発売した和風アクションゲームです。
こちらのゲームは高難易度が売りなのですがレベルデザインがとても秀逸で繰り返しプレイすることによってプレイの上達が実感できるようになっております。
また最新のゲームということもありグラフィック面もとても綺麗で戦国末期をしっかりと楽しめます。

まとめ

今回は一人でガッツリやり込めるゲームのご紹介でした!
アクションゲームからシュミュレーションRPGまで様々なジャンルでご紹介させていただいたのでこちらを読んでいただいたあなたにピッタリの作品がみつかりますように!

タイトルとURLをコピーしました